ケアマネさーん

今日訪問したお宅ではご本人が激怒しており、奥様はおろおろしていました。
「どうしたんですか?」と伺うと
ヘルパーさん(ヘルパー歴が長く、悪気はないけど自分の思う通りにしたがる)に
車椅子での散歩で椅子からずり落ちることがあるので
安全ベルトを購入した方が良いと言われた。
それをサービス提供責任者に伝え→ケアマネさん→介護用品販売業者さんと
見事に連絡がつながり、本日持ってくることになったと。
ご本人は「自分はそんなこと何も聞いてない、買わないからな!!」と。
日頃温厚な方なのであまりの怒りっぷりに驚いてしまいました。
「そんなに怒ると血圧上がっちゃいますよ、
今、奥さんとケアマネさんと話し合ってもらいますから」とお話し
奥さんがケアマネさんに電話をすると、本日お休みとのこと。
奥さんはパニックになってしまい、なぜか私に電話を渡し「出て~!」
事情を説明し、とりあえず今日介護用品の業者さんに来てもらうことは中止して頂きました。

ご本人の気持ちを確認しないで、ヘルパーさんの意向だけで導入に踏み切るとは・・・。
フットワークが軽いのはありがたいのですが、奥様も話が良く分かっていない様子なので
大変混乱していました。
私としてはケアマネさんのプランや考えにはあまり口出しをしたくないんです。
いろんな考えがあって、いろんなやり方でその方の在宅生活をサポートする、
そのやり方は10人居れば10通りで構わないと思います。
でも、ご本人とご家族が生活の中心なんですから、それをないがしろにすることは出来ません。

その後、今日は業者さん来ないことになりましたとお伝えすると気持ちがおさまった様子。
かねてからご希望の散髪を行いました。
時折ご希望がある方に出張床屋さんをしています。
だんだん腕が上がってきたと奥様の弁です。
[PR]
by ayano-812 | 2006-04-06 16:25 | 訪問看護


<< 熱い思い 同行 >>