家族の選択

ALSの患者さんの体調が思わしくありません。
とんでもない数値の検査結果がずっとでており(WBC24000! CRP15!!)、
敗血症と思われるショック症状まで出現し始めました。
医師は入院も・・・と言ったのですが、家族が入院はしないと。

理由は2つ
①病院は信用ならない。
②たとえ入院しても、戻ってきたとき今と同じサービスを受けられないのは困る。

・・・うちのステーションは退院するまで枠を確保しておきますよ。
病院だってそんな信用ならないところばっかりじゃないですよ。
でも、在宅で最後までと言う気持ちは痛いほどわかります。
そしてそれだけ一生懸命親御さんを思い、介護にあたっている事も。

患者さんの意思は一体どうなんでしょう?Aさんどう思っていらっしゃるのかな。
辛いだろうな・・・。

ただ、私は、私だけの個人的な意見とすれば、
肺炎さえ治療すればもう少し長く一緒にいられるのに、
在宅を選択したばかりに命を縮めてしまうのは残念です・・・。もどかしいです・・・。
もう少しAさんの笑顔が見ていたいです。個人的なわがままですけど。
[PR]
by ayano-812 | 2006-04-26 21:05 | 訪問看護


<< 18時のお昼ご飯 読後感 >>