季節の灯

ずっとほしかったCDを借りてきました。
ほしかったなら買いなさいって言わないで~。現在ちょっとお財布が厳しいんです(笑)。

さて、この曲のタイトル、季節の灯(とう)と言います。
アーティストはAcidman。
最初に聞いたのは体調不良で父に病院に運んでもらう車の中でした。
もともとAcidmanは知っていたのですが、特に歌詞に引かれて今回レンタルしてきました。

一番好きなところだけ抜き書き・・・

>いつの日か私も君も終わっていくから
>残された日々の全て 心を添えておこう
>灯る火の果てに

>何回目の太陽だろう?憶えてゆけるかな?
>与えられた日の全て 心を添えておこう
>昇る陽の果てに

出会いがあり、別れがある。誕生する命があり、終わる命がある。
だから残された日があとどれくらいかはわからないけど、
毎日に心をこめて生きたい。そして色々なことをいつまでも忘れずにいたい。
この仕事をしてから特にそう思います。
その気持ちにぴったりあった曲だったので、朦朧とする中でも印象に残ったのでしょう。
[PR]
by ayano-812 | 2006-04-30 01:42 | 雑感


<< 無題 Kさんのこと >>