無題

ALSの患者さんの容態が危なくなってきてしまいました。
Drからは抗生物質も効かず、入院もしないとの方向なので
今週中に亡くなってもおかしくないとの事です。

看取りへ向けてとは考えたくなかったのですが、考える時期に来てしまいました。
私にできることは
①訪問時は普段と同じように接していく(もちろん病態観察は怠らない)。
 訪問を楽しみにしてくださっているので、楽しい時間をすごしていただけるようにする。
②いずれ、ご家族が十分な介護をしたと思っていただけるようにご家族への援助をしていく。
くらいなのでしょうか・・・。

頑張ってほしい気持ち、もう十分頑張りましたよという気持ち・・・。
胸がつかえてうまく言葉にできません。
[PR]
by ayano-812 | 2006-05-01 17:39 | 訪問看護


<< どうすりゃいいのよ!? 季節の灯 >>