仁義なき戦い

昨日はステーションに戻ったのが19時でした。
なぜかと言うと超トラブルケースのKさん(以前のブログに記載)が
大変荒くれていたからです・・・。
ちなみに()内は心の声です。実際には言えません・・・。

Kさん「あんたは女らしくない」(看護師と関係あるのかな?)

Kさん「他の病院の看護師さんは売店で買い物してくれたのにあんたは何にも買ってきてくれない」(規則ですから。しかも本当に困ったときは規則を破って買ってきたことありますよ。)

Kさん「口の利き方は悪いし、嫌なのよ」
(ヘルパーさんより丁寧ですよ。ヘルパーさんには言わないの?)

Kさん「とにかく嫌なのよ」(とにかくって何ですか?)

ここまで言われて2年間耐えてきたものがついに爆発

私「担当変更しましょうか。そんなにお嫌なら仕方ないです。」

するとKさん「嫌なんて言ってないじゃない」(いいえ、言いました。思いっきり言いました。)

Kさん「でも、嫌なのは女らしくないってこと。それとあんたは私を病人扱いしないから。」
(やっぱり嫌なんじゃないですか)

Kさん「私は病人なんだから病人扱いして頂戴!!」
(うーん、それは難しい・・・病人扱いって何?)

私「わかりました。今度優しい看護師さんにバトンタッチしますから。」

しばらくの沈黙のあと・・・
Kさん「ヘルパーさんがね・・・(今度はへるぱーさんの愚痴)」
Kさん「猫が邪魔してないかしら?」
と、やたらと話しかけてきます。

全ての内服のセットが終了したとき
Kさん「これからも仲良くしようね」(えーっっ!?なんだそりゃ??)

やっぱり担当変更は嫌なんでしょうね。ちょっと気持ちが荒れていたのでしょう。
私しか当るところが無かったんでしょう。
そうは思っても悪意の嵐には気持ちが磨り減ります。

でも、やっぱりなんとなくそんなKさんでもかわいいんですよね・・・。

仁義なき戦いはKさんの妥協で幕を閉じたのでした。

その後のケアマネさんとの会話
ケアマネさん「私もね、ご病気だし仕方ないと思って、優しく接しようと心がけているんですが。」
私「私もなんです。本当は優しくしたいと思っているんですが・・・。」
ケアマネさん「でもね、できないんですよ。」
私「私も感情的になってしまって・・・」
ケアマネさん「入り口で深呼吸しないと家に入れない。」
私「わかります!わかります!」

Kさんに対してはみんなが同じような思いを抱えながら接しているんだなと思いました。

うちの管理者は事業所ごと変更を考えているようですが、
Kさんを見捨てるようでできません・・・。
[PR]
by ayano-812 | 2006-07-08 11:24 | 訪問看護


<< 合格しました。 初回訪問 >>