研修8日目

今日は老年看護と認知症ケアについて。
六角先生の講義は本当にためになりました。

認知症の方のケアって本当に難しいですよね。

先生は私に認知症の人が抱える恐怖感や迷いを教えてくれました。
そして、その状態にとまどったり怒ったりするご家族の気持ちも。

今担当している認知症の方のお顔が次々に浮かんできました。

毎回初対面のご挨拶をする方がいるのですが、
その対応が間違っていなかったと知って、ほっとしました。

今まで漫然と「認知症の方」というケアをしていた気がします。
でも、今日大きな学びができたので、
これからはもっとその人「個人」を見たケアができたら良いなと思います。

明日は久しぶりにステーションでお仕事です。
入院されたTさんの病状が気にかかるのでお見舞いにも行きたいと思います。
[PR]
by ayano-812 | 2006-09-21 20:41 | 訪問看護


<< 予定通りには行かないものですね。 緊急訪問 >>