予定通りには行かないものですね。

今日は1件目が多発性脳梗塞の四肢麻痺の患者さん。
以前お通じから綿棒を出したミラクルな方です。

2件目はOPCAの患者さん。
おおらかなお父さんとラブラブな生活をしていらっしゃいます。

3件目は金曜日といえばこの方、泣く子も黙るKさん。

その後、別の患者さんのお見舞いに行く予定だったのですが・・・

OPCAの患者さんのお宅に伺おうとしたときに電話。
「お母さんに震えが来ているの。来て下さる?」
98歳のMさん、認知症も進み、穏やかに優しくお過ごしです。
娘さんとケアマネさんが曲者ですが・・・。
午前中に別のナースが訪問しています。
「熱が上がるかもって言われたんだけど・・・」と困っていらっしゃる様子。
現在は研修中で伺えないのですが、主担当は私です。

困ったな・・・患者さんのお宅に伺う時間が迫ってる・・・
でも、今日だけ、時間変更をお願いしようと電話し、了解を得て自転車を飛ばしました。

顔面蒼白、ぶるぶると震えています。
熱を測ると39℃。嘔気も強く、えづいています。
様子を見ている場合じゃない、土日になると訪問も出来ない。
ご家族に病院にいきましょうとお伝えし、救急車で搬送となりました。

診断結果は胆管炎・・・
あれ、水曜日その先生の所を受診してなんでもないって言われたのに?
黄疸が出ている?午前のナースにも確認しましたが黄疸は出ていませんでした。

訪問時咳もしていたし、午前中尿がいつもより赤かったとのことだし、
気道感染か尿路感染のどちらかだと思うのですが・・・。

全然見抜けませんでした。お恥ずかしい。まだまだまだ未熟です。

Mさんはしばらく入院となりました。
これで今月4人目です。こんなに入院する方を増やしてしまい、看護師失格です。

早く元気なお顔を見せてください。
私を穏やかで暖かいMさん時間に浸らせてください。
待ってます。
[PR]
by ayano-812 | 2006-09-22 20:50 | 訪問看護


<< 初対面 研修8日目 >>