散髪屋さん

髪の毛を切りたい、そう希望される方は多いです。

巡回の理容師さんでも車椅子に乗れない人はだめ、などと制限がある様子。

えーい、ならば私が!

そんな事がきっかけで始めた散髪屋さん。

今、お客さんは3人です。

患者さんの髪を切るために犠牲になったのは相方。
本当にひどい頭にされてました。って他人事みたい。
いやー、ごめんごめん、本当に悪かったと思っているよ(´人`)。

今日は最近元気のない患者さんの散髪。
なぜか散髪のときは眼がきらきら、いいお顔なんです。

そして散髪後に鏡を見て満足げな笑顔。

それを見て私も満足。今日の出来はかなりいいぞ~。ふふふ。

奥さんには本当の散髪屋さんみたい、と言われてちょっと嬉しいです(^m^)。

ただ、困るのは奥さんの対応。
看護ではない事をしてくれていると毎回何かくれようとします。
固辞していますが、奥様はもらってくれないのと不満顔。
「ちゃんと介護保険でお金頂いています。大丈夫です。」と言っても、まだ諦めきらない様子。

頂くと叱られるんです~と苦しい言い訳をして退散となりました。
[PR]
by ayano-812 | 2006-10-23 19:36 | 訪問看護


<< フィジカル戦隊アセスメン 今日出来ることは明日も出来る >>