頑張りましたね。

今日1時50分。
ターミナルで訪問に入っていたOさんが亡くなられました。

昨日お見舞いに行こうと思っていたのですが、結局行けず、
お別れとなってしまいました。

在宅で1週間持てば良いと言われ、退院。
その後は奥様の献身的な介護と、ご本人の家が一番という気持ちが重なり
途中1週間程度の入院はありましたが
亡くなるぎりぎりまで約2ヶ月在宅でお過ごしでした。

私はその本当に最後の最後に訪問が増回となったので
一緒に過ごした時期はわずかなものでした。

でも、Oさんから多くの事を教えていただいた気がします。

私と殆ど変わらない年齢。
幼い娘さんたちと奥さんを残して心残りは色々あると思います。
それを考えるとやりきれない気持ちになります。

だから、最後まで在宅にこだわり、お家で過ごされたのでしょう。

最後まで戦う姿を娘さんたちは心に刻んだと思います。
本当にお疲れ様でした。
Oさん、ゆっくり休んでくださいね。


むかし、相方に言われました。
「人生の最後のページにayanoの名前が残るんだね、いい仕事だね」
誰かが亡くなられるたびにこの言葉を思い出します。
[PR]
by ayano-812 | 2007-01-26 14:19 | 訪問看護


<< 卒業 Kくん >>