最後の電話

以前からたびたび登場のトラブルケースKさん

先週金曜日訪問し、体調が悪いので往診の先生にその場で電話連絡したところ、
「担当の先生がいないからわからない」と言われ、電話を切られてしまいました。

びっくりした私。その後怒りがこみ上げてきました。
「来週N病院に受診しましょう。往診の先生が来てくれないなら往診なんて意味が無い!」
Kさんもそうしたいと。

体調は心配だったのですが、夕方Kさんから電話があり尿が出たと。
そのときKさんが
「今日お姉さん(Kさんの実のお姉さん)に病院変えたいと一緒に話してくれてよかった。
ありがとうね。」と。

様子が心配だから来週月曜日念のため伺うことを約束し、電話を切りました。
いつも怒鳴られて電話を一方的に切られてしまうのに、とっても穏やかに電話が切れました。

日曜日の夕方Kさんの容態が急変。救急搬送されました。

ICUに行くと看護師が「個人情報の関係上容態の説明も出来ないし、会わせられない」と。
サマリーは受け取るのに、個人情報の関係って何ですか???
私はずっとずっとKさんと関わってきたのに・・・
でも、言ってもどうにもならないこと、くれぐれも宜しくお願いしますとお話し、帰ろうとしました。
するとその看護師さんが「ちょっとだけ会います?」と。

Kさんは挿管されて、意識も無い状態でした。
ヘルパーさんが訪問中に急に苦しみだして心停止の状態で運ばれたそうです。
おそらく数日中との事でした。

仕事でなければお付き合いしがたい人でした。
でも、寂しがり屋で強がりで、人の気を引くために嘘をつく、そんなKさんを可愛いとも思っていました。


Kさん、いつか言ってましたよね。
あんたはひどい人間だから私が入院しても見舞いになんか来てくれないんだって。
来ましたよ。

でも、こんな形で会うのは残念でなりません。

好きなだけ悪態ついて良いですよ。
好きなだけ「あんたなんて看護師じゃない。もっといい看護師が良かった」って言って良いですよ。
だから、目を開けて。
もう一度お話しましょうよ。
[PR]
by ayano-812 | 2007-06-29 14:58 | 訪問看護


<< ビリーと私 スティーブンスジョンソン症候群 >>