<   2006年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

季節の灯

ずっとほしかったCDを借りてきました。
ほしかったなら買いなさいって言わないで~。現在ちょっとお財布が厳しいんです(笑)。

さて、この曲のタイトル、季節の灯(とう)と言います。
アーティストはAcidman。
最初に聞いたのは体調不良で父に病院に運んでもらう車の中でした。
もともとAcidmanは知っていたのですが、特に歌詞に引かれて今回レンタルしてきました。

一番好きなところだけ抜き書き・・・

>いつの日か私も君も終わっていくから
>残された日々の全て 心を添えておこう
>灯る火の果てに

>何回目の太陽だろう?憶えてゆけるかな?
>与えられた日の全て 心を添えておこう
>昇る陽の果てに

出会いがあり、別れがある。誕生する命があり、終わる命がある。
だから残された日があとどれくらいかはわからないけど、
毎日に心をこめて生きたい。そして色々なことをいつまでも忘れずにいたい。
この仕事をしてから特にそう思います。
その気持ちにぴったりあった曲だったので、朦朧とする中でも印象に残ったのでしょう。
[PR]
by ayano-812 | 2006-04-30 01:42 | 雑感

Kさんのこと

毎週金曜日はKさんの日!とわがステーションでは有名なKさん。
以前に書いた超超超トラブルケースの方です。
担当は私で4人目。私が今までで一番長持ちです。

Kさんはご主人と死別して独居。
身体中病気の巣といっても良いほどなのですが、生命にかかわる病気はありません。
視力が弱いので30種類近くの内服管理を私がしています。

とにかく、とにかくさびしがり屋で自分中心でないと気がすまないKさん。
ヘルパーさんはいつも物を盗む、頼んでいないものを買う、態度が悪いと
濡れ衣を着せられて辞めていきます。
私が知っているだけでも事業所が3ヶ所、ヘルパーさんは10人以上変更になっています。

看護師に対してはまず、
内服がきちんとセットされていない、
病院の先生が訪問看護師は何もしてないと言っている、
口の利き方が悪い(何でも、私は神経が細やかだから傷つきやすいのよ、とか。)
目つきが悪い、看護師らしいことを何一つしたことがない・・・。

内服があっても無いから今すぐ来いと言って電話がかかってきて何度も臨時訪問しています。
無いという内服薬もきちんとセットされており、
下痢を1日30回もしていると言いますがポータブルトイレの中には普通便。

サービスに当るすべての人が振り回されている状況です。
今、ケアマネさんが変更となり、ヘルパーさんも次々代わる状況の中で
一番長い私にすべての不満の捌け口が集中しています。

今日は支離滅裂なことを言い始めるので、一つ一つ問題を解消しようとすると
Kさん「血圧が高くて頭痛いから話しかけないで」と寝たふり。
私「はい・・・。」

Kさん「○○さんの家広いんでしょうね」
私「狭いですよ」
Kさん「それだけ声が大きいならさぞかし大きな家に住んでると思った」
私「私の声が大きいのは聴力が人より少し落ちているからで家の問題ではないです。」
Kさん無視。寝たふり。

と、まあこんな感じで毎訪問が過ぎていきます。
キレます。キレますよ、当然。ついつい口論になったことも。
その反面、かわいいとも思っています。

Kさんと口論になった日はステーションに戻って自分の忍耐力の無さを反省する日々です・・・。

何とかKさんが心安らかに過ごせるお手伝いができればいいのですが・・・。
[PR]
by ayano-812 | 2006-04-29 01:19 | 訪問看護

18時のお昼ご飯

今日は昨日から私の現在の一番の気がかりのAさん宅へ。
笑顔を見せて答えようとしてくださっています。
「辛いですね。今、体の中で闘っているから、もう少し頑張りましょうね。
 私もお手伝いしていきますから。」
と伝えるとうんうんと頷く姿も見られます。
熱はおさまっており、血圧も低めながらも安定、ほっと一安心。

午後にもう一度状態確認のため訪問。
うとうとしていたのに笑顔で迎えてくださいました。
ご家族も2回訪問で安心してくださった様子。
笑顔が見れて私が一番安心しているのですが・・・。

今日は2回訪問のためにいろいろな患者さんに頭を下げて時間の変更をしていただき、
ものすごい移動距離でしたが、訪問してよかったです。

・・・というわけで先ほどお昼を終えました。
月末なので本日も当然残業・・・。
でもちょっと眠くなってきましたよ・・・。腹の皮が突っ張ると目の皮が弛む・・・。
[PR]
by ayano-812 | 2006-04-27 19:24 | 訪問看護

家族の選択

ALSの患者さんの体調が思わしくありません。
とんでもない数値の検査結果がずっとでており(WBC24000! CRP15!!)、
敗血症と思われるショック症状まで出現し始めました。
医師は入院も・・・と言ったのですが、家族が入院はしないと。

理由は2つ
①病院は信用ならない。
②たとえ入院しても、戻ってきたとき今と同じサービスを受けられないのは困る。

・・・うちのステーションは退院するまで枠を確保しておきますよ。
病院だってそんな信用ならないところばっかりじゃないですよ。
でも、在宅で最後までと言う気持ちは痛いほどわかります。
そしてそれだけ一生懸命親御さんを思い、介護にあたっている事も。

患者さんの意思は一体どうなんでしょう?Aさんどう思っていらっしゃるのかな。
辛いだろうな・・・。

ただ、私は、私だけの個人的な意見とすれば、
肺炎さえ治療すればもう少し長く一緒にいられるのに、
在宅を選択したばかりに命を縮めてしまうのは残念です・・・。もどかしいです・・・。
もう少しAさんの笑顔が見ていたいです。個人的なわがままですけど。
[PR]
by ayano-812 | 2006-04-26 21:05 | 訪問看護

読後感

昨日、帰りの電車の中で読み終わりました。
サイキックというテーマを扱っていましたが、それを除いてもなかなか面白いストーリーでした。

自分の中に誰もが龍を飼っている、か・・・。難しいけど、なんとなく分かる気がする。

最近読んで一番のお勧めはヒキタクニオさんの「鳶がくるりと」
これは父もはまってしまって、次が出ないか楽しみにしています。
浅田二郎さんの「天切り松闇語り」の現代版的な感じがします。
男気があるって言うか・・・。
天切り松は本当に出てくる人物全てがありえないけど魅力的。
ほれ込んでしまうんです。
権力や不正に真っ向から立ち向かう安吉一家に胸のつかえもスカッとしますよ!

逆にちょっとなぁと思ったのが最近話題の「東京タワー」
いい話だし、ちょっと泣けるけど、世間様が言うほど泣けませんでした。
人それぞれだとは思いますが・・・。
本屋大賞を受賞したとの事ですが、
本屋大賞って本屋さんが売りたいと思う隠れた名作に対する賞だとばかり思っていました。
初回受賞の「博士の愛した数式」はそれで火がついて売れた感じがするのですが・・・。
でも、今回から良く売れたで賞になってしまったのかな・・・。
ちょっと残念な気もします。
[PR]
by ayano-812 | 2006-04-26 12:40 | 雑感

気になる・・・

今宮部みゆきさんの「龍は眠る」を読んでいます。

生まれたときから一緒に住んで兄弟みたいだった叔父が
4年ほど前にお婿さんに行ってしまいました。
太郎君という名前の子供がいるのですが、先日アデノウィルスで入院してしまい、
夜間の付き添いのときに買ったけど、面白かったと貸してくれました。
父、母、叔父、共に読書好き。みんなで本を回し読みしています。
弟だけ物語があまり好きでないとの事で回し読みチームから外れています。
あ、ちなみに太郎君は今はすっかり元気ですv(^о^)v。

通勤時間が長いので大好きな音楽と本は欠かせません。
今、もう少しでいろいろなことが解明される所なんですが、
良いところで駅に到着・・・ステーションまで読みながら歩いたのですが、それでも間に合わず。
帰りに持ち越しとなってしまいました・・・。
あー、なんか気になる・・・。
本を読むと時間があっという間に過ぎるので、混んだ電車も楽しい時間になります。
[PR]
by ayano-812 | 2006-04-25 17:37 | 雑感

プチ旅行

土、日で伊豆にプチ旅行に行ってきました。
相方と職場の先輩とそのだんなさんと一緒です。
伊豆は近いので結構頻繁に行くのです。
3度目となるお宿、今回もゆったり、たっぷり楽しめました。
ガラス工房で吹きガラスをしてグラスを作ったりしました。
(毎回何か体験してくるのが私と相方とのテーマで、前回は陶芸にチャレンジ、
その前はそばうちでした)
部屋から見える海と、部屋で受けるアロマテラピー、部屋出しの食事、
全てに癒されてきました。
でも・・・寝ている間に数回起きた地震には参りました。
怖かったー。
そんなときも考えるのは患者さんのこと。
地震が起きて患者さんたちはどうなるんだろう・・・。
私はたどり着くまでに相当時間がかかってしまうし、きっと電気もないし、
まだ夜間は寒いし・・・皆さん高齢だから無事に逃げることが出来るかどうかもわからないし。
大きな地震が起こらないことを祈るばかりです。
[PR]
by ayano-812 | 2006-04-24 09:32 | 日々の出来事

送別会

先日から何度も登場している兄貴の送別会が行われました。
兄貴とは遠く離れた席だったので、看護師の先輩方と別の話題でもりあがっていました。
そのときは普通の飲み会という感じでお別れの現実感がありませんでした。
最後に兄貴から一人一人にプレゼントが配られたときに、
「この間の飲み会のお礼です」と私にだけ別にプレゼントが!
私が活字中毒ということを知っていて図書カードを送ってくれました。
渡してくれた兄貴の顔を見たら涙が出てしまい、大泣きしてしまいました。
お恥ずかしい・・・。
兄貴も困った顔をしていました。
みんなはまた会えるからってそんなに悲しむことはないって言っていたけど
それは違うと思います。
次があるって思っていても環境が変われば親密になることも疎遠になることもあります。
みんなより兄貴と深く多く話した私には今回の別れは疎遠になるように思われます。
笑ってお別れしたかったけど、私には無理な話でした。
今まで会社で色々な人の送別会に出たけど涙が出たのは初めてでした。
[PR]
by ayano-812 | 2006-04-22 00:45 | 訪問看護

忙しい一日

今日は体調が悪化した方のところに複数回訪問していました。
肺炎が悪化してきており、医師・看護師がびっくりするような血液検査の結果が
でてしまったのです。抗生剤を注射したり、内服開始したり・・・。
昨日よりは表情も良いとのことでしたが、気が抜けません。
夕方ステーションにかかってきた電話を取ったら
同じ患者さんを担当している他の事業所のステーションの看護師さんからでした。
「疲れてる声ですねー。大変だったでしょう。」
お気遣いがとても嬉しいです。とっても熱心で感じのいい看護師さんです。
いつも電話での報告なのでお会いしたことがないのですが・・・。
でも声に疲れが出ているようでは、失格ですね。ちょっと反省(>_<)。
で、まだ残業中です。
ケアマネさんがこちらの都合も聞かずにカンファレンスを行うと一方的に通達してきたので
伺えない旨をお伝えしたら「えー、それじゃ困ります」と。困ってるのは私なのですが・・・(笑)。
で、妥協案として現状報告と今後の展望について書面で提出する案を出したら
それなら良いとの事。一生懸命文章を考えて、さっきやっとできました。
はやくおうちに帰りたーい。
[PR]
by ayano-812 | 2006-04-20 20:47 | 訪問看護

成分解析

バファリンの半分は優しさで出来ていますが、残りの半分は何??
というところからできたらしいこの成分解析。

結構楽しいので、ぜひやってみてください。
ちなみにわたくしは・・・

ayanoの成分解析結果 :

ayanoの46%は鉄の意志で出来ています。
ayanoの36%は野望で出来ています。
ayanoの7%は濃硫酸で出来ています。
ayanoの5%はかわいさで出来ています。
ayanoの4%は黒インクで出来ています。
ayanoの2%は魂の炎で出来ています。

うーん、微妙に当たっている気がします・・・。
こうと決めたら頑固だし、野望というか目標も持ちたがるタイプだし・・・。
濃硫酸が気になるところです・・・。触れたら危険って事かな(笑)???
[PR]
by ayano-812 | 2006-04-19 13:20 | 雑感