<   2006年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

月曜の楽しみ

月曜の訪問では私が楽しみにしているRさんがいます。

Rさんは93歳。息子さんとお孫さんと暮らしています。
笑顔がとってもかわいい方です。

Rさんは認知症が進行していて、毎回訪問時自己紹介です。
「息子のお嫁さんかい?」
「学校の先生だね。」
「写真屋さん。」 と毎回違う人に間違えられます。

とっても優しい方で、おむつ交換や足浴などをすると
「私は何にもしてあげられないのに・・・すみませんねぇ。」

水分補給にヤクルトをお渡しすると少し飲んでから
私にも半分飲みなさいとヤクルトの容器を口元に。

車椅子から立ち上がってもらってズボンをあげていると
腰の位置にある私の頭をぎゅっと抱きしめてくれます。

穏やかな時間の中で暮らすRさん。
とにかくかわいくてたまりません。
また来週笑顔を見せてくださいね。
[PR]
by ayano-812 | 2006-07-31 23:13 | 訪問看護

バトン

yasukoさんから頂いた漢字バトンです。
初めてのバトンなのでどきどきします。なんでだろう・・・。

1.好きな漢字

「想」 心が繋がっている感じがします。思うよりもっともっと深く考えている感じ。

「綾」 手前味噌ですみません(笑)。
    物事の筋道・道理という意味が込められているそうです。
    名前の由来は和歌からなので、父はこの意味があることを知らなかったそうですが。


2.前の方(yasukoさん)が答えた漢字「信」に対してのあなたのイメージは?

大切なもの。だけど得ることが難しいもの。

3.次に回す漢字

「光」 心に光を与えてくれるものは何ですか?


4.大切にしたい漢字

「人」 色々な人たちのおかげで今があり、これからがあると思います。
    失いたくない、かけがえのない人たちに囲まれて生きています。


5.漢字についてどう思う?

漢字にはその字の意味が込められていると思います。
同じ見るでも 見る、診る、観る、看る、視るって全然感じが違いますよね?


6.最後に好きな四字熟語を3つ

「泰然自若」 こうありたいものです。

「臥薪嘗胆」 もっと頑張って勉強したり、自分を磨かないと。

「汗牛充棟」 読書好きなので。



7.バトンを回す方7人とその人をイメージする漢字


(回して頂いたのですが)yasukoさん イメージする漢字は「縁(えにし)」
              不思議なご縁を感じますし、人との繋がりを大切にする方だと思うので。

jibunさん 「空」 青空のようなイメージです。 

はるるさん 「前」 すごく前を向いていらっしゃる感じがします。

こてつさん 「理(ことわり)」 物事の道理を探究されていて、かつ理知的な感じがします。

chikaさん 「優」 優しさ・穏やかさを感じます。

kaorinさん 「実」 充実している感じです。実習中だからではありません(笑)。
[PR]
by ayano-812 | 2006-07-30 01:59 | 雑感

断水

今日は患者さんのお宅が断水でした。

この地域一帯断水のようで、他のマンションも断水でした。

さて、困った。ということで息子さんと事前に打ち合わせ。
お風呂にたくさん水を張ってもらい、その水で対応することに。

清拭は濡らしたタオルをレンジでチン。
来週はちゃんと足浴もしますから、今日は我慢してくださいね。

でも9時から17時まで断水なんてマンションの人大変でしょうね。

訪問していてもうひとつ困るのがエレベーターの修理・点検。
訪問して修理中の看板を見るとがっかりします・・・。

先日も13階まで上る羽目に・・・。
休んだらもう登れないと思い、一気に上りました。
辛かった・・・。
[PR]
by ayano-812 | 2006-07-28 19:59 | 訪問看護

また月末・・・

辛い報告書の時期がやってまいりました。

ようやく書き上げたと思ったらまたすぐに月末です。

今日は久しぶりに空き時間が出来たので
頑張りたいと思います・・・?

今月は新規の患者さんが多いので計画を立案したりするのが大変です。
私はアセスメントも下手なので。

今週は1人でステーションに居残る日が続いています。
どうやったら他の人たちのように早く書き上げることが出来るのでしょうか?
[PR]
by ayano-812 | 2006-07-27 15:15 | 訪問看護

癒し系

新規でスタートしたNさんは最近の私を癒してくれる癒し系No.1です。

82歳のNさんは笑顔がとても素敵で穏やかな方です。
奥様ともラブラブ。
隣に住んでいる娘さんともとても仲良しです。

お父さんが毎回訪問を楽しみにしてると娘さんから言われましたが、
楽しみにしているのは私のほうなんです。

今、入院中に低下した筋力をつけるためにリハビリをしています。
Nさんを向いてリハビリをしていた私が振り向くと
後ろで娘さんと奥様も同じように一生懸命リハビリ中(笑)。
それからは4人で円になってリハビリしています。

受け入れてもらえる幸せ。
一緒に笑える幸せ。
Nさん宅に伺うと心が穏やかになっていきます。

お手伝いをするつもりがされて、癒すつもりが癒されて。
笑顔を配達するつもりが笑顔を頂いて。

私にできることなんてほとんどないけど、人と人とが繋がるって事なんでしょう。

これで「来てくれてありがとう」なんて言って頂けるなんて罰が当たりそうです。
[PR]
by ayano-812 | 2006-07-26 20:29 | 訪問看護

困らせないで。

今日は朝は霧雨、仕方なく合羽を持って自転車に乗ろうとすると
大粒の雨。
泣く泣く合羽を着て自転車をこぎました。

毎日雨続きなので合羽も生乾き。
おかしな臭いがしています(笑)。
私の名誉のために言いますがステーションの全員の合羽が臭いです。
私だけではありませんよ、いや。まじで。

合羽の外より中のほうが濡れています。
この時期は合羽を着て自転車をこぐことは
軽いサウナに入るのと同じことです。でも痩せませんけど。

外に出るとお日様が・・・。
今度は日焼け止めとロング手袋を装着。
もーっ!!変な天気!
でも、天気がおかしいので念のため合羽も。重たいんですけど。

お天道様、いい加減にしてください。どっちかにしてください。
準備が大変です・・・(´д`)。
あんまり困らせないで。
[PR]
by ayano-812 | 2006-07-25 17:25 | 訪問看護

あれから・・・

3月の終わりに亡くなられたTさんの息子さんから
久しぶりにみんなに会いたいんだけど・・・とお電話を頂きました。

あれから3ヶ月も経つんですね。あっという間です。

少し迷ったのですが、もう一人の大好きな先輩Kさんと一緒にお会いすることに。

今は特養で働いていらっしゃるそうです。介護の経験を活かしていらっしゃるようです。

「僕は十分介護したと言う気持ちがあるから、そのことに関して後悔はない」
「彼女(お母さん)は自分なりの美学で幕を引いたと思う」

亡くなられて3ヶ月、色々な思いを乗り越えて今日まで来られたんだと思います。
本当にご家族で献身的な介護をされていらっしゃいました。

Tさんの息子さんとKさんと思い出話に花が咲きました。

亡くなられても続くご縁、とっても嬉しいです。訪問看護師冥利に尽きます。

Tさんも私たちを見て微笑んでいらっしゃるでしょうか。
[PR]
by ayano-812 | 2006-07-23 01:36 | 訪問看護

打診

先日統括課長(物々しい名前ですね)のしのでぃーから
別ステーションの管理者にならないかと打診がありました。

以前から新しいステーションができるたびに、別ステーションの管理者が辞めるたびに
管理者への打診がありました。

別ステーションに移るということは今までの担当の患者さんとのお別れを意味しています。

私にはできません。
今までいろんな事があっても続けてこられたのは患者さんがいてくれたからです。

それに、管理者なんて無理です。
経験の少ない私が経験者をまとめるなんて無理です。
管理者ともなるとスケジュールの調整、関係機関との連絡など事務的なことが多くなります。

現場で走り回って、笑って、泣いて・・・大変なことも多いけどそういう生活が好きです。
まだまだ勉強しなくちゃいけないし、患者さんのことも心配だし、このままでいたいです。
[PR]
by ayano-812 | 2006-07-22 13:50 | 訪問看護

お見舞い

7/20 訪問時に大腿部痛を訴えている患者さんがいました。
     往診医を依頼するも原因不明とのこと。ボルタレン座薬で様子見ることに。
7/21 疼痛軽減せず、念のためレントゲンを撮るとのことで救急車にて搬送。
     骨折等なく、関節包に水が溜まっているとのこと(?)
     2.3日後にはENT予定とのお話でした。
7/25 病棟看護師より熱発しており、ENT延期と。


今日病棟にサマリーを持参し、お見舞いに行ってきました。

39℃の熱発。呼吸も荒く、痰がらみもひどいSさん。
熱に潤んだ目でぼんやりとしています。
奥さんが「入院して始めて笑顔が出た」とお見舞いを喜んでくださいました。

熱発の理由として気切と胃瘻の炎症と説明されたと。

入院前には全くない徴候です。炎症というより感染ではないでしょうか?

大事なSさんをこんな目に合わせて!と病院に対してちょっとぷんぷんです。
病院のせいばかりでもないのでしょうけど・・・。

早くよくなりますように。
[PR]
by ayano-812 | 2006-07-20 17:12 | 訪問看護

バーベキュー

昨日は以前習っていた少林寺拳法の道院主催のバーベキュー大会があり、
私も参加させていただきました。

毎年色々なイベントのときは必ず声を掛けてくださるみなさんに
1年ぶりにお会いしました。
普段全然練習に参加しなくなって15年近く経ちます・・・ごめんなさい。

先生は現在がん闘病中で、先日まで入院していました。
昨日は元気なお顔で、お酒もがんがん、タバコもがんがん・・・(おいおい)。
また、今月入院するんでしょ!何やってるんだか・・・・。(先生は怖いのであくまで心の声)

いつも先生の周りには人があふれていて、みんなが先生を慕っています。

ずーっと子供の頃からなんで先生の周りには人がたくさんいて、
あれだけ毒舌なのに嫌われないんだろう・・・って思っていました。

でも、昨日先生を眺めていて気づいたんです。

先生は毒舌ですが、決して悪口は言わないし、誰でも分け隔てが無いんです。

先生が「あいつはだめだ」とか「あいつとは合わない」とか「あいつは嫌い」なんて
言っているのを聞いたことがありません。
ただ、毒舌ですので「足が太い」とか「お前も年食ったな」とは言われます(笑)。
どんな人でもその人にあわせて接しているし・・・。

だから集まる人もみんな先生と同じように誰でも受け入れてくれるんだろうなと思います。

父に子供の頃弟と一緒に強制的に入門させられて始まった拳法との出会いですが、
拳法は上達しませんでしたが、いい人たちに恵まれました。

先生がまた入院するときはお見舞いに行きますからね。
先生は見た目は恐ろしく怖いけど、寂しがりやだから誰かが来ないとね。
先生の毒舌はしっかり門下生の私に受け継がれていますよ(笑)。
[PR]
by ayano-812 | 2006-07-17 00:33 | 日々の出来事