<   2006年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

研修終了

ずっと更新しなかった・・・それには深~い訳が・・・

研修の最終は事例検討と発表会でした。
夜9時まで飯田橋に残り、事例の検討を行い、どうにかまとめて発表。

私たちの班は事例の検討を行い、発表するというだけではなく、
事例提供者におみやげを渡そうという別の大きな目的があり、とても大変でした。

「おみやげ」とは・・・
事例提供をした本人が持っている悩みや不完全燃焼感を解消し、
今後の糧にしてもらおう、というものです。

事例提供者の曇っていた表情が最終日に晴れたのを見てグループ全員大満足!!
大きな達成感と連帯感に包まれました。

ひとつの事例をこれだけ深く検討することはめったにないので
とても勉強になりました。

すると・・・

私の体調に異変が。。。

突然の嘔吐、ふらふらして動くことも出来ません。
帰って良いといわれても動けないのでしばらく休ませてもらい、
朦朧としながら帰りました。

しかし飯田橋から私の家まで約1時間半。

今思っても良く帰れたな~。

一晩中嘔吐し続けて翌日は仕事を休みました。

研修の最後がこんな形で終わってしまって本当に残念です。
昔から大事な時に体調崩すタイプなんですよね・・・(> <)。

研修で出来た仲間と研修修了証は大きな財産となりました。
本当に参加してよかったです。
[PR]
by ayano-812 | 2006-11-27 14:12 | 訪問看護

ベルギー王立美術館展

本日ようやく行ってきました。

以前から行きたくてたまらなかったのですが、なかなか都合が付かず行けませんでした。

ベルギーは私の外国でのふるさと、と一人で勝手に思っている国です。
他の外国に比べて影が薄いけど、
人は温かくて、料理はおいしくて、景色は美しく、素敵な国です。

ベルギーで見たあの絵が日本で見られるなんて・・・。

ベルギーの絵画に興味を持ったのはマグリットという作家が好きになったからです。
現実と非現実の境界というか混沌がなんとなく好きです。

教科書に載っていた絵が忘れられずベルギーまで行ったのですが、
その絵はなんと宇都宮の美術館にありました。
灯台下暗しとはこのことですね。

思ったよりも空いていて数々の絵とゆっくり対面できました。
[PR]
by ayano-812 | 2006-11-26 00:29 | 日々の出来事

どうぞ~。

以前から時々登場しているトラブルケースのAさん。

研修期間中もステーションに電話、電話。
留守番電話にもメッセージを残す。

その内容は
「肛門が開きっぱなしで便が止まらない。閉じに来てほしい」←?????????

閉じるって言われても・・・こういう不思議な注文があるときは
たぶん、いや絶対寂しいからです。

とにかく訪問。
脱肛でした。開きっぱなしといえば言えなくもない(笑)?

還納してご本人も喜んでくれました。

夕方確認の電話をすると・・・
「あんたはもう良いわ。ヘルパーさんで詳しい人がいたからその人に任せる。」
「あんたの言ったやり方ではだめだってヘルパーさんも薬局の薬剤師も言ってたよ。」

でたー!!必殺技手のひら返し!


まあ、いつものことです。
ご本人の気が済むなら、と思い、
「そうですか、すみませんでした。Aさんがそれが一番とお思いならそちらの方法でどうぞ~。」
と言うとまた色々な感情が入り混じり始めて
同じ説明を延々と5回繰り返して電話は切れました。

Aさんの対応には関わっている人全員(ケアマネさん、ヘルパーさん、私)が振り回されて
痛い目にあっています。
ご本人の望むようにとみんなが考えて対応しているのですが・・・。
今回もやっぱり振り回されてしまいました。

寂しがりやなだけなのですが、どうも屈折した表現になってしまうようです。
[PR]
by ayano-812 | 2006-11-24 20:21 | 訪問看護

お別れ

今朝6時50分 Kさんが亡くなられました。

娘さんとお孫さんに見守られて静かに旅立たれたそうです。

先輩と一緒に最後の処置にうかがいました。

まだ呼べば目を開けてくださるようで実感がありません。
悲しいのに現実感が薄くて涙が出ませんでした。

旅立ちのために作ったきれいな空色のお着物を着て眠るKさん、
6ヶ月という予後の予測にも関わらず3年間よく頑張ってくださいました。

「お母さんの大好きな色で、魔除けの柄なんですって。」と笑顔で話す娘さん。
Kさんにとっても似合う素敵なお着物でしたよ。

娘さんご家族の献身的な介護、本当にすばらしいご家族でした。

Kさん、お疲れ様でした。

毎週金曜日9時半はKさんの時間でした。
明日からお伺いしないと思うと寂しいです。
[PR]
by ayano-812 | 2006-11-23 22:35 | 訪問看護

もうすぐお別れ

Kさんは脳梗塞と症候性てんかんにより四肢麻痺、腎不全の方です。
ターミナルとのことで訪問を開始し、早3年が経過。
ヘルパーさんをしている娘さんご家族が献身的な介護を行ってくださっています。
身体はぴかぴか、全身のチェックもすべてきちんと行ってくださっています。
本当に頭が下がる想いです。

しかし、ここのところ体調がすぐれませんでした。

11月20日
ご家族から緊急電話。
KT:37.8 BP:160/72 P:114 SpO2:98% 朝嘔吐したと。
訪問しバイタルチェック。表情乏しい。
喀痰貯留し左肺エア入り悪く呼吸理学療法行う。
腹部膨満感強く、摘便行い軽減。
容態安定。追視も見られるようになる。
午後二度目の訪問を組み、退室。

午後別の看護師が訪問。
まもなくとの申し送り。

11月21日
もう一人の担当の先輩が訪問。
尿がほとんど出ていないとのこと。
医師からもご家族に話があったとのこと。

体調の悪くて車椅子生活のKさんのご主人がお別れに。

その後も電話で連絡取るが容態大きな変化なく経過。

先輩から私に明日の朝まで持つか分からない。
連絡があれば必ずまわすから、と。

今も頑張っているKさん。
ご家族の大きな愛に包まれて精一杯命の炎を燃やしています。

私も入社当時から担当させていただきました。
落語のテープをかけると大笑いしているKさん。
言葉は話せなかったけど、ご家族といる時の笑顔、豊かな表情で多くを語ってくれました。

お別れは辛い、辛いです。
自分が何か見逃したかも、そうでなければもっと長く生きれたのでは、
そんな思いが胸をよぎります。

Kさん、Kさん、Kさん・・・。
[PR]
by ayano-812 | 2006-11-22 01:15 | 訪問看護

インフルエンザ

今日はじめてインフルエンザの予防接種をひとさまに。

先輩が快く腕を貸してくれたのですが・・・手が震えました。

先輩、痛かったでしょうね・・・。

その後の犠牲者は3人。
皆さん「痛くなかった」とのことですが・・・どうかな??

自分がされたのはかなり痛かったです。

課長のしのでぃーは「上手でしたよ。」と言ってくれました。
しかし私が注射器を持つと変な緊張感がステーションを包みます。

ま、無事に終わってよかった。来年はもっと上手に!!
[PR]
by ayano-812 | 2006-11-22 00:57 | 訪問看護

何故に・・・

相方よ、何ゆえに人生で初めての大掛かりな料理にオムライスを選ぶ?

そしてその理由が「(相方の)お母さんの得意料理だからできるようになりたい。」
意味が分からない。

以前に作った料理はベトナム風生春巻き。これは誰でもできますな。
巻くのにえらい時間がかかってしまったけど、はずれの無い料理でした。

今回のオムライスは・・・
とりあえず一人で頑張りたい、という相方の気持ちは分かるのですが
左利きで初めての料理、包丁使う姿すら怖い・・・。

お母さんが子供さんを見守るってこんな気持ちなんでしょうね。

ついつい口を出してしまう私。
無口になって料理を作る相方。静かだ・・・。

とてもオムレツを作る技量は無いので半熟の卵を上からのせてなんちゃってオムライスに。

でも、初めてにしてはよく出来たのではないでしょうか?

相方は写真撮影までする始末。よっぽど嬉しかったのね。

味もなかなかでした。

「次はもっと上手に!」と燃える相方ですが、他のものも学んで頂きたい。
料理が出来るっていいことですよね。
[PR]
by ayano-812 | 2006-11-19 22:22 | 日々の出来事

会いに来たよ

久々にバンプのニューシングルが出ました。

涙のふるさと

良い曲です。

バンプの曲は歌詞も、藤君の切ない声も、曲の感じもとっても大好きです。

バンプの曲で特に好きなのは
sailing day  スノースマイル  ロストマン  Stage of Ground  グングニル
メロディーフラッグ  supernova  天体観測  とっておきの唄・・・かな。
[PR]
by ayano-812 | 2006-11-19 01:31 | 雑感

昇進???

先輩の退職に伴い、管理者からスケジュールの相談。

スケジュール表を見ていると勝手に患者さんを埋めてしまって
手に負えなくなった結果、助けを求めてきた感じです。
先に相談していてくれればこんなことにはならないのに・・・。

でも、患者さんのため。早く帰りたい気持ちを抑えて相談に乗り、スケジュール調整。

先輩の抜ける穴の大きさを改めて実感。
先輩は豊富な訪問看護の経験を生かし、スケジュールだけでなく
リハビリスタッフの相談にも乗って、私たち(主に私)の面倒を見ていました。

管理者から
「○○さん(私)は他のステーションに管理者という話が出ている、
そうなる前に管理者補佐として推薦するので今後も助けてもらいたい」という話が出ました。

補佐なんて役職が付かなくてもお手伝いはします、と伝えました。

私では先輩の穴は埋められません・・・。

でも研修で学んだことはフィードバックしていきたい。
手始めにナースカンファを定期的に行う(殆ど行われていないことがまず問題でした)、
同行し患者さんの情報を共有する、
再度自分の患者さんのアセスメントを行い、ケアニーズ・ケアプランを再修正する
という目標はあります。目標というより野望・・・???

まもなく研修も終わりなので職場に完全復帰。
入れ替わるようにして先輩が退職、
忙しくなりそうです。

出来ることをひとつずつやっていくしかないですね。
[PR]
by ayano-812 | 2006-11-19 00:43 | 訪問看護

ステーション実習

今自宅の近隣の医師会のステーションで実習させていただいています。

3日間だけの実習なのでみなさんの邪魔にならないようにするので精一杯。
自分のステーションでも3日間の実習、しかも現役の訪問看護師なんて
対応に困ってしまいますもの。みなさんも困っていらっしゃると思います。

でも、みなさんとても良い方ばかりで学ぶことも多いです。
うちのステーションではまだ受け持ったことのない症例やケアを見学させていただき、
色々教えてくださいます。
明日で終了なのが残念です。もっと実習したかったな・・・。

明日は最終日ですが一生懸命頑張りたいと思います。
[PR]
by ayano-812 | 2006-11-15 21:53 | 訪問看護