<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

講演会

先日とある在宅介護支援センターさんからご依頼を頂き、
訪問看護について、と家庭でわかるバイタルサインの見かたについて
お話をさせて頂くチャンスを貰いました。

皆さんにお伝えする知識もない、話もあまり上手でない私。
でも、せっかくのチャンス、迷ったらトライする!今年の目標の一つです。

来てくださる方に、下手でもいいから一生懸命お話しようと心に決めました。

皆さん、お昼の眠い時間に、目をこすりながら起きていようと頑張ってくださり、
なんとか無事2時間お話しする事ができました。

訪問の話では、特に皆さん訪問看護自体をご存じない方が多く、
熱心に聴いてくださいました。

終わったあとは皆さんがかわるがわる私のところに来てくださり、
「ありがとう」といってくださいました。
「ありがとう」を言いたいのはつたない話にもかかわらず聞いていただいた私のほうです。
みなさんには感謝の気持ちで一杯です。

来年度はゲストスピーカーとして大学での講義をさせて頂く予定です。
[PR]
by ayano-812 | 2008-02-26 19:41 | 訪問看護

yasukoさんへ

なんだかパソコンの調子が悪く、コメントをお返しできません。

なので、こちらに。

yasukoさん
Kさんの依頼はKさんのお宅に入っているヘルパーさん兼ケアマネさんからきました。
病状に関して認識がなかったようで、私たちからの報告に驚いていました。
主治医の先生とはかなり長く、信頼していらっしゃるようです。
Kさんの思いを考えると、介入の方法を悩んでしまいますし、
かと言ってこのままでいいとも思えないし・・・難しいですね。

でも、話し合って、ぶつかりあっても
いい看護をしたいと言う思いは一緒ですから、きっと分かり合えますね。
そう、答えはひとつじゃない、桜井さんの言うとおり!!

yasukoさんから頂いたアドバイスと励ましを胸に
また明日から頑張ります。
これからもよろしくお願いしますm(_)m
[PR]
by ayano-812 | 2008-02-25 01:06

カンファにて

昨日のNsカンファでの事。

肺線維症で余命半年のKさん。
独居で身寄りもない方です。

潔癖症で、室内に入るときは消毒液で手を消毒して、
更に洗面所で手を洗い、決められたペーパーで手を拭いてようやく入室許可。

入室時も汚いからという理由で訪問鞄は部屋に持ち込めません。

潔癖症のため食事もヘルパーさんに調理してもらうのは嫌、
お洗濯もヘルパーさんに任せるのは嫌、
人に身体を洗ってもらうのも嫌、
と、ほとんどご自分で生活されています。

でも、そんなKさんのSpO2は酸素3リットルで70%!!!
トイレに行くにも床のあちこちにおかれた枕で横になって休み、ようやくトイレに行くほどです。

私ともう一人のNsは現状を見ているので
「なんとか楽に生活させてあげたい。そしていざと言うときは救急車で速やかに病院へ」
という思いで、カンファの議題に上げました。
まだ、訪問して2回目ですので、今後の参考にもなると思いました。

>ふNs「モニタリングしても意味ないし、このまま生活するしかないのでは?
      酸素上げてもナルコーシスになるだけだし」

>かNs「こういう状態で生活しているCOPDの人もいるし、自分で休みながら
      自分のペースで生活しているのだから、Nsの介入する場所は
      生活ではなくて、緊急時の対応だと思う。」

>さNs「無理に介入しなくても、危険でもその人にとって満足であれば良いと思う」

うーん、言ってることはわかります。
たしかにそれも正しい、だけど、もう危ないんです。
余命半年とか言われていますが、私たち実際に見たNsは今月もつかどうかと判断しています。

私ともう一人のNsは
①在宅生活を安楽に過ごせるようにしたい
②緊急時に対応できるルートを確保したい
③在宅で亡くなるにしても、孤独死だけは防ぎたい
という考えでほぼ一致しているのですが、
他のNsは一人で生活できているのだから、まだ大丈夫と考えてしまっているようです。

実際に見ている私たちと見ていないほかのNs達の考えのギャップ。
でも、私はうまく自分の気持ちや考えを伝える事ができませんでした。

カンファは勉強になります。
自分がいかに思い込みや決め付けて物事を見ていたか、よくわかります。
思いもかけない案や考え方に勉強不足を毎回痛感します。
と、同時に同じ時間に同じ場所にいて、同じ患者さんを見れないので
訪問看護のもどかしさも感じています。
[PR]
by ayano-812 | 2008-02-21 20:34 | 訪問看護