<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

地震

訪問中に起きた地震

あんな大きな地震は初めてで・・・
自然の前には人間は無力だということを感じ続けました。

最初の地震が起きたときは
脳梗塞で片麻痺の患者さんのお宅でリハビリ中。

カタカタと窓枠が動く音で気がつきました。
あれ??地震??

すぐに落ち着くかと思いましたが
一向に治まる気配がなく、
揺れは大きくなるばかり。

二階にいる奥さんに
「奥さん!非難しますか!!」と大声で呼びかけたところ
奥さんはなぜかお札を両手に持って駆け下りてきました。

お札は仏壇から落ちてきたらしく、それを両手でキャッチして、
でも戻すよりご主人が心配でそのまま降りてきたようです。

二人でようやく歩ける患者さんを運び出しました。
玄関の段差で奥さんは
「私がおんぶする!!」
奥さんとご主人は体重が20キロぐらい違うのに!!

火事場の何とやら、ですね。

その後、奥さんは
部屋に戻ろう、じたばたしても仕方ない、と潔く部屋に戻ろうとします。

すると今度は部屋に戻るのに一苦労。
いざというときの人のパワーってすごいんですね。

奥さんもそうですが、ご本人も頑張って歩いてくれたのだとわかりました。

その後も余震が続く中訪問。
ゆれるたびにマンションから出てくる人達、
左右に大きく揺れる電信柱、
不気味に曇る空
本当に怖かったです。

被災した方たちの恐怖はどれほどのものだったでしょう。
心からお見舞いを申し上げます。
そして亡くなった方たちに心からお悔やみ申し上げます。
[PR]
by ayano-812 | 2011-03-13 01:22 | 訪問看護