お嬢さんを下さい

テレビドラマでよくある台詞ですが、当然私の実家にも彼が来て
「結婚させてください」という一幕がありました。

しかし!ここですんなりいかないのが我が家。

父「(驚きの余り)町内を一周してきていいかなぁ?」
私&彼「はぁ・・・」

結局一周せず、続いての質問
父「自分の娘ながら君が娘のどこを好きになったのかわからない」

お父さん、ひどいよ・・・と思った瞬間母が一言!

母「そうよ。こんな気が強くて気性の激しい子いないですよ。
 あなた(彼)みたいな穏やかで優しい人にはもっと良い人が居ると思うの。」

これは決して嫁にやるのが嫌なのではなく、おそらく本心・・・。

弟も「僕たち家族はKさん(彼)を思っていってるんです。本当に止めたほうが。。。」

あのねぇ・・・それはないんじゃないの?
彼も苦笑。そりゃ苦笑するしかないか。

しばらくして父が
「よし、こうしよう。君も断りずらいだろうから、よく考えて返事をFAXで送って下さいよ。
 そうすれば、断る気まずさも少ないから、はっきり断れるよね。」

すごく素敵なアイデアみたいに言うけど
全然ちっともすっかりまるっきり良いアイデアではないよー。

結局FAXは送らず(笑)彼がもう一度来て、結婚となりました。

私、そんなに素行が悪い覚えは無いんですけど。。。
確かに気は強い、気性は荒い。。。
自業自得!?
[PR]
# by ayano-812 | 2008-08-20 11:37 | 日々の出来事

突然ですが

f0085959_18581891.jpg

8月8日に入籍しました。
相手は以前お付き合いをしていて
10年付き合って、別れた人です。
お互い別の人と付き合って、よりを戻しました。

昨年1月に辛い別れをして、
もう一人でいようと思った私に
彼は何も言わず一緒に居てくれました。
慰めるでもなく、ただ一緒に。
でも私と彼は遠距離恋愛なので
物理的には難しいんですけど。

仕事が大好きで辞めたくないという私に
彼は別居婚を提案してくれたので
入籍しても別々に暮らします。
離れていても迷いはない、
お互いそう思えたから
別々に暮らします。
穏やかで優しい彼に支えられ
これからの人生を
二人でゆっくり歩いていくつもりです。
お祝いに素敵なお花を教授から頂きました。
[PR]
# by ayano-812 | 2008-08-16 18:58

管理者として思うこと

管理者になって思うことは
常勤スタッフと非常勤スタッフとの温度差、
看護師とリハビリスタッフとの温度差です。

非常勤スタッフはステーションに対する愛着がものすごく薄い。
淡々と仕事をして、ただ収入を得ている感じ。
患者さんが入院すると「終了して新規を入れてください」とすぐに言ってきます。
もう少し待てないの?
患者さんとの共有した時間や思い出に愛着はないの?
戻ってきたときに患者さんはどう思うんだろう・・・。
居場所がないって思うかもしれない、見捨てられたように感じるかもしれない。
患者さんの中には看護師が担当外れたら困ると頑なに入院しないぐらいの人もいるのに・・・。

そしてリハビリスタッフと看護師の差も大きい。
平気でお休みをするし、自己都合での時間・曜日の変更も全く気にしない。
患者さんやご家族はその時間を私たちの為にあけて
準備したり、出かけないで待っていてくださるのに。
リハビリスタッフの人たちを見ていると、仕事楽しいのかな?って疑問に思います。
すぐに非常勤になって件数制に移行、気にすることは患者さんの体調よりも収入ばかり。
看護師たちがどれだけ患者さんに思いを注いでいるか、感じ取ってほしい。

もちろん、スタッフの中にもそうでない人もいますが、
どうしても全体的にそういう傾向です。
そしてそういう傾向だとスタッフの士気が下がります。

それをどうにかするのが私の仕事でもあるのですが、
でも、個人の意識の問題でもあると、私は思います。

ちょっと厳しいのかな。
でもスタッフには決して言えません。小心者なので(笑)
[PR]
# by ayano-812 | 2008-07-12 12:35 | 訪問看護

病欠

先週は体調不良で点滴を打ちながら仕事をしていました。

結局頑張ってきたのにダウンし仕事をお休みすることに。
2年位前に病欠したのが最後、
何とか病欠だけは避けたいと思っていたのにふがいない。

患者さんに「お大事に」って言葉を掛けていただきました。
本末転倒です・・・。

もうすっかり復活しました!
健康管理は大事ですね~。
[PR]
# by ayano-812 | 2008-06-14 08:53 | 訪問看護

5年目

今日でお仕事も5年目を迎えました。
長いようであっという間でした。

訪問看護と出会えて本当に良かった。
患者さん、ご家族の方と出会えて本当に良かった。
訪問看護を通じて多くの人と出会い、色々な思いがあり、
泣いたり笑ったり、悔しがったり、怒ったり・・・
1日1日の全てが私を成長させてくれている、
それを忘れずにまた明日から丁寧に毎日を過ごしたいと思います。

ここにいらしてくれる皆さんにも出会えてよかったです。
本当にありがとうございます。
[PR]
# by ayano-812 | 2008-06-01 21:02 | 訪問看護

誰でしょう?

先週水曜日からの声嗄れ。
嗄声とも言いますね。

電話をしてもわからない。
マスクをしているので声をかけてもわからない。
大きな声が出ないので話しかけても伝わらない。


このまま戻らずニューハーフ声で生活する事になったらどうしましょ。
セクシーと言われますがまったくうれしくありません・・・。
[PR]
# by ayano-812 | 2008-05-20 12:17 | 訪問看護

BUMP OF CHICKEN

セットリスト

01.星の鳥
02.メーデー
03.才脳人応援歌
04.ラフメイカー
05.ハルジオン
06.ハンマーソングと痛みの塔
07.時空かくれんぼ
08.プラネタリウム
09.花の名
10.arrows
11.飴玉の唄
12.fire sign
13.かさぶたぶたぶ
14.ダイヤモンド
15.天体観測
16.supernova
17.星の鳥reprise
18.カルマ
19.flyby

アンコール

01.ガラスのブルース(28 years around)
02.ダンデライオン
03.ダニー

行ってきました、さいたまスーパーアリーナ!
チケットがほしくてほしくて、どうしても行きたくて、声が聞きたくて
そうしてやって来た今日という日。

それなのに風邪を引いてしまい声が出ない。
ニューハーフか!?とスタッフに突っ込まれるくらいのがらがら声。
せっかく一緒に歌いたかったのに・・・。

久しぶりのスーパーアリーナ。
埼玉県の市町村保健師の就職合同説明会以来ですね。6年前!!

ライブが始まった瞬間、自分の声が出ないことも忘れてしまいました。
星の鳥が空から降りてきてライブが始まりました。
飴玉の唄、プラネタリウム、fire  sign、天体観測、flyby、ダンデライオン
大好きな曲の数々。
大好きな4人の姿はアリーナ席の一番後ろのブロックの私からは殆ど見えず、
でも、そんなこと全然関係ないくらい素敵なライブでした。
何度も泣きそうになってしまいました。

ずっとずっとライブで聴きたかった曲がありました。
それはダニー。
きっとこの意味をわかってくださる方はたくさんいらっしゃると思います。
今日、なんと、聴く事ができました!!
本当にいいライブでした。
[PR]
# by ayano-812 | 2008-05-18 01:24 | 日々の出来事

パリ&アントワープの旅

f0085959_05556.jpg

エッフェル塔です。

パリでは凱旋門、ルーブル美術館、オルセー美術館
そしてソルボンヌ大学内の医療博物館にも行きました。
医療博物館、目立たないけどお勧めです!

初めての一人旅、どきどきでしたが、なんとかなりました。

物価がとにかく高いので、昼食はいつも屋台のクレープやサンドイッチ。
それを芝生の上に座り、青空を眺めながら食べていました。

f0085959_055523.jpg

こちらは第二の故郷、と勝手に呼んでいるアントワープの市庁舎前です。
パリから特急タリス号で約2時間。

アントワープではベルギー人の友人と20キロも自転車をこいで
途中でクリークビール(チェリービール)の醸造所で一杯。
仕事より自転車こぐ距離が長かったかも(笑)
王室の温室がこの時期だけ国民に解放されていました。
つつじが花盛り。外国にもつつじってあるんですねぇ。

仕事の夢を久しぶりに見ずに眠りました。ワーカホリックなのかしら!?
[PR]
# by ayano-812 | 2008-05-18 00:55 | 日々の出来事

最近の事

最近、ラッキーと思える事が色々ありました。

なんでもないことだけど、ちょっとご報告。

①友人がGWにパリで挙式をする事になり、参加困難と思われていましたが
 スタッフの協力で参加可能になりました。
 でも、この時期チケットが取れないと泣いていたら、チケット取れました!
 なので行ってきます♪

②最近本社と話していて、取締役しのでぃーから
 今、うちのステーションが一番まとまっていて、ピカイチだと言われました。
 今までまとまりがない、としか言われた事がなかったので嬉しい!

③だめもとでお願いしたらBUMP OF CHICKENのライブチケットが入手できました!
 ただ、念のためあちこちにお願いしていたので、2枚ダブってしまいました。
 ほしい方にお譲りしたい、と思いますが嬉しい悲鳴です。

なんだかとってもいい気分。ついてる、ついてる!
[PR]
# by ayano-812 | 2008-04-14 14:35 | 日々の出来事

ちょっとだけ

気持ちを切り替えて 前に進むことにしました。

管理者代行の代行をはずしてみます。

4/1~正式に管理者になります。

スタッフのみんなのために、何ができるかわからないけど
みんなが笑顔で長く働けるステーションを作ります。

金曜日はナースチーム6人全員で
Nさんの家で飲み会。
大学院でがん看護を学ぶことになったYさんと
ご主人の仕事の都合でアメリカに行くことになったNさんの送別会です。

今までのうちのステーションの歴史の中で、こんなことはありませんでした。

最強のステーションになったね、とみんなで自画自賛(笑)

こんないいステーションになったのはみんなのおかげです。

みんな、本当にありがとう。

NさんもYさんもずっと居てくれたらいいのに・・・。
でも、二人の人生の新しい門出、お別れまであと少し、一緒にがんばりましょう。
[PR]
# by ayano-812 | 2008-03-30 00:08 | 訪問看護