タグ:家族 ( 9 ) タグの人気記事

久しぶりの休日

復帰したけど、
やっぱり「茨の道」でした。

思うように動けないし、
今のステーションは人間関係が・・・。

みんなの気持ちがばらばらで、
泣いている人も居ます。


でも、きっと頑張っていれば大丈夫、って思っています。
バカみたいだけど、信じています。

でもね、やっぱり無理していたみたいです。
お休み中は夫と久しぶりに会えたこともあり、
愚痴こそ言わないものの、飲んでばかり。

夫は日頃ご飯を家で食べないので、
久しぶりに会って私が作ると食べ過ぎてしまうようで、
この3日間で2kgも増えています。

ご飯を食べて、お酒を飲んで、
お昼は散歩。

こんな生活もいいものです。

戦う力を充電しないと、ですね。
[PR]
by ayano-812 | 2010-05-04 01:49 | 訪問看護

看護師ですけど何か?

今日、とてもショックな出来事がありました。

うちの両親は私のことを
「看護師の免許を持っているけど、ヘルパーをしている」と思っていたそうです・・・。」

訪問看護の仕事をして6年目、
折に触れて両親には仕事のことを伝えてきたつもりでしたが
両親に言わすと「仕事の話はしてきたけど看護の内容については聞いていない」と。

そういえば、楽しい話はしたけど、自分が行っている看護技術については
話をしたことがなかったなぁ・・・。守秘義務とかあるし。

う~ん・・・
確かに訪問していると看護師なのにヘルパーさんに間違えられることも多く、
また、訪問看護を知らない人に話すと必ず「あ~、訪問介護ね」と言われますが
まさか両親にまで間違えられていたとは。。。。

訪問して看護をするということが
まだあまり知られていない現実が、一番身近なところにありました。
[PR]
by ayano-812 | 2009-11-28 01:13 | 訪問看護

スティーブンスジョンソン症候群

耳慣れない言葉ですが、ご存知ですか?
内服薬等が原因で全身の発疹、発熱などが出現してしまう、怖い病気です。
100万人に1~6人程度出現するそうです。

実は私の父がこの病気になってしまいました・・・。

原因は腰痛に処方されたロキソニン。

一緒に処方されたテープかぶれだと思って発疹が出ても内服を続けていたら
40度の熱発、全身の発疹、顔面・粘膜等の浮腫、関節痛などが出現
緊急入院となりました。

急性腎不全も併発、かなり危険な状態です。

先生の告別式のお手伝いから連絡をもらってとんぼ返り。

一緒に過ごしていながら、父をこんな目に合わせてしまった自分を責めています。
発疹が出ていたのを気づいていたのに、見過ごしてしまいました。
近所の病院に行くという父を何としてでも止めて大きな病院に行かせるべきでした。


「お父さんこんなにしちゃってごめんね」、というと
「誰のせいでもないよ。お医者さんから薬をもらって飲んだだけ。お医者さんも良いと思ってやったことだから。」と。

毎日泣いて過ごしています。
昨日よりは今日、と少しずつですが良くなっているようです。

どうか、どうか、良くなりますように。
お父さん、ごめんなさい。
[PR]
by ayano-812 | 2007-06-20 20:07 | 日々の出来事

邦子ママ

元相方のお母さんです。

元相方は男2人兄弟なので、お母さんは私のことをとってもかわいがってくれました。
お母さんとは食事に行ったり、岩盤浴に行ったり、と結構一緒に出かけていました。

今までの相方の彼女とはお出かけすることすらしなかったそうです。
実の娘のようにかわいがってもらって、大好きなお母さんです。

別れる時にお母さんにお別れを言わせてほしいと言ったら
元相方は「それは勘弁してほしい」と言いました。
お母さんの気持ちを思いやってのことだと思い、それ以上は何も言いませんでした。

でも、今回の別れに関しては相方の意見ばかりが押し通されています。
自分が悪者になりたくない相方の気持ちはわかりますが、ひどすぎます。
私はどうしてもお世話になったお母さんにお礼が言いたくて今日電話しました。

「相方とお別れすることになったので、お礼が言いたくて」と言うとお母さんは絶句。
その後泣き出してしまいました。

「いつ、結婚の報告に来てくれるか、本当の娘になる日が来るかと待っていたのに・・・。」
私も泣いてしまい、何も言えませんでした。

「また、時々電話頂戴ね。きっとよ。」
「また電話しますね。お母さん、泣かないでください。」

そういってお別れしました。

お母さん、私も本当のお母さんになる日を楽しみにしていました。
相方よりむしろお母さんのほうが好きだったかも(笑)
でも、それはもうできません。
お母さん、ごめんなさい。本当にありがとうございました。
[PR]
by ayano-812 | 2007-01-12 17:03 | 日々の出来事

のっぽんって双子だったんですね。

名・珍回答続出?! 『東京タワーのノッポン』 | Excite エキサイト

ゆるキャラののっぽん。
以前から知っていたのですが、まさか双子だったとは!

しかものっぽん(兄)の座右の銘が「冷めた仕草で熱く見ろ」ってマッチじゃん!!


のっぽん(弟)は「小さなことからこつこつと」って西川きーぼーじゃん!

しっかりものでできた弟、言いたい放題で自由な兄。

あれ、うちの兄弟のようですな。

うちも弟が4歳も下なのにいつのまにか私の精神年齢をすっかり追い越してしまいました。
おかげでついたあだ名が「にいやん」

「あー、兄ちゃんじゃなくて姉ちゃんが欲しかった」とよく言っています。
男勝りでごめんよ。

しっかりもので冷静、努力を惜しまない、そんな弟がにいやんです。
のっぽん弟にも負けないです。
[PR]
by ayano-812 | 2006-11-02 19:03 | 雑感

一昨日

ムツおばさんが亡くなりました。

棺の中のおばさんはとてもきれいなお顔で、闘病中よりもきれいでした。

昨日お通夜に行ってお顔を見てきました。

一族の長老として、おじさん亡き後みんなに気を配り、目を配り、
兄弟が多く、癖が強い家族なので大変だったと言っていました。

お疲れ様でした。

孫の結婚式に被らないように、みんなが心配しないようにきれいに幕を引いたんでしょうね。

お気に入りのお孫さんが身を固めて安心されたのかな。

安らかにお眠りください。

うちのおじいちゃんとおばあちゃんと久しぶりに昔話をたくさんしてね。
[PR]
by ayano-812 | 2006-10-11 21:37 | 日々の出来事

主婦チック

金曜の夜に家に帰ったら母がダウン。

ここ2年くらい調子が良かったり悪かったり・・・。
精神的なものなのか、更年期の症状の名残なのか・・・。

私もメニエールがあるので母のめまいの辛さはよく分かります。
とりあえず手持ちのナウゼリンを飲ませて水分だけは摂れる様に。

家の仕事は私が受け持ち。
3連休でよかった。仕事があるとどうしても看病できませんしね。

以前の職場の先輩ナースが言っていたのですが、
「患者さんには心配して、尽くすのに 家族には寝てれば治るなんて言っちゃう。
冷たいかもしれないけど、どうしても患者さんが優先しちゃうんだよね・・・。」
っていう言葉の意味がよく分かります。
私も今緊急携帯のファーストを持っているので、
もし電話があれば母は家族に任せて駆けつけると思います。
看病の為に仕事は休めないと思います・・・。薄情な娘でごめんよ、母。

でも、あんまり体調不良が続くようなら仕事を考えないといけないかも。
もっと近くで、早く帰れそうな所にしないと、母の負担が大きくなってしまいそう。
今は弟が頑張ってくれているから良いけど・・・。
仕事をしていることを言い訳にしてしまいますが、家事ももっと手伝わないと。

今日はお昼はジャンバラヤ。
弟と買い物に出かけて夜はカレー。
お洗濯ものを干したり、食器を洗ったり・・・お母さんて大変だなーと実感。

今日は少し落ち着いていて、顔色もちょっと良くなっているし、
食事も少しずつ摂れています。めまいもほとんど出ていないみたいです。

明日はもっと良くなっているといいのですが・・・。
[PR]
by ayano-812 | 2006-10-08 01:56 | 日々の出来事

初対面

先日従兄弟が生まれました。

なんと32歳差。彼が大人になる時は私はすっかりおばさんですね・・・。

生後3日目。
母性看護学実習に行った時のことを思い出しました。
当時の担当の赤ちゃんの名前は私と同じayanoちゃん。
お母さんに「大きくなったらみんなになんて呼ばれます?」なんて聞かれて、
親心っていうものを感じました。

赤ちゃんてずっと見ていても飽きないですね。
自分の子だったらきっと尚更ですね。

彼は健次郎と名付けられました。

抱っこさせてもらって、気持ちも暖かくなりました。

健次郎君、また遊ぼうね。元気で大きくなってね。
[PR]
by ayano-812 | 2006-09-24 00:37 | 訪問看護

我が家。

突然ですが、私の家はおかしな造りになっています。
母屋で生活し、寝るときは離れへ。
しかも、その離れも父と母の離れと、私の離れは別。
弟は母屋の2階で寝起きしています。

今朝、枕元に母が立っていました。(あ、生きてますよ。)
「母屋に入れないから鍵貸して。」
普段ならびっくりするはずですが、寝ぼけていたので言われるままに鍵を渡し、もう一眠り。
起きてから事情を聞くと母屋の鍵を間違えてしまったと。
自分の家にいながら自分の家に入れないなんてほんと不便です。

離れおよび弟の居室は、寝る時以外はほとんど使われません。

で、どこにいるかというと居間。
でも、我が家は狭いので、居間兼食堂兼客間兼子供部屋兼父の事務仕事部屋兼・・・・と
とにかく何でも好き勝手なことをしています。
みんなが一つの所に集まって、毎日大騒ぎです。

友人が来ても、自分の部屋に行くなんて事はめったにないし、
誰のお客さんでもみんな一緒です。
私の友人と弟の友人が並んでご飯を食べているなんていうことも珍しくありません。
「来た人はみんな自分の家族と一緒」というのが我が家のモットーです。

でも、相方の家に行くと、ご挨拶の後はまず部屋へ。
ご飯も部屋に運んでいただくので、変な感じです。
相方は別に家族の仲が悪いわけではなく、むしろ良い方だと思います。
でも、全員一緒にご飯を食べるのが当たり前の私のとっては、寂しい気がします。

うちが特殊なんだと思いますが・・・でも我が家が一番。
[PR]
by ayano-812 | 2006-08-03 17:55 | 日々の出来事