タグ:旅行 ( 5 ) タグの人気記事

パリ&アントワープの旅

f0085959_05556.jpg

エッフェル塔です。

パリでは凱旋門、ルーブル美術館、オルセー美術館
そしてソルボンヌ大学内の医療博物館にも行きました。
医療博物館、目立たないけどお勧めです!

初めての一人旅、どきどきでしたが、なんとかなりました。

物価がとにかく高いので、昼食はいつも屋台のクレープやサンドイッチ。
それを芝生の上に座り、青空を眺めながら食べていました。

f0085959_055523.jpg

こちらは第二の故郷、と勝手に呼んでいるアントワープの市庁舎前です。
パリから特急タリス号で約2時間。

アントワープではベルギー人の友人と20キロも自転車をこいで
途中でクリークビール(チェリービール)の醸造所で一杯。
仕事より自転車こぐ距離が長かったかも(笑)
王室の温室がこの時期だけ国民に解放されていました。
つつじが花盛り。外国にもつつじってあるんですねぇ。

仕事の夢を久しぶりに見ずに眠りました。ワーカホリックなのかしら!?
[PR]
by ayano-812 | 2008-05-18 00:55 | 日々の出来事

UAE(アラブ首長国連邦)の日々

砂漠に沈む夕日です
f0085959_0701731.jpg


砂漠にはこんな所を通って行きます
f0085959_0701730.jpg


町並みは近代的です
f0085959_070173.jpg


スークと呼ばれる市場です
ゴールドスーク 金の輝きに目が眩みます
f0085959_0701731.jpg


スパイススーク スパイスが山のように売られています
f0085959_0701731.jpg


アブラと呼ばれる渡し舟です
f0085959_0701731.jpg


モスクです 日に数回コーランが街中に流れます
f0085959_0701735.jpg


バスタキヤと呼ばれる古い街並みを残した地区です
f0085959_0701732.jpg

[PR]
by ayano-812 | 2007-11-25 21:32 | 日々の出来事

ただいま。

無事にアラブ首長国連邦から帰ってきました。

っていうかこっち(日本)寒い~。

アラブはとっても素敵な国でした。
帰ってくるのが嫌になるくらい。
砂漠に沈む夕日を見たり、らくだに乗ったり。
きれいな海で泳いだり、おいしい料理を食べたり。
アブラと呼ばれる渡し舟に乗ったり、市場へ行ったり。
短い間でしたが色々な経験をしてきました。
楽しかった~。

画像が重すぎてアップロードできないので取り急ぎ帰国のご報告まで。
[PR]
by ayano-812 | 2007-11-23 23:04 | 日々の出来事

これから

ドバイに向けて旅立ちます。

ドバイとは・・・アラブ首長国連邦の都市です。

ドバイを何で選んだのか・・・自分でも分からないのですが
何か心惹かれるものがあり、先週の土曜日に急遽決定しました。

以前から後輩が休みを決めていてくれたので、調整もバッチリ・・・のはずです。

管理者不在ですが、スタッフは優秀なのでなんとかなるでしょう。

では、行ってきます。
[PR]
by ayano-812 | 2007-11-18 12:54 | 日々の出来事

久しぶりに

友人夫婦の顔を見に静岡県に行って来ました。

二人はこのアーネストハウスというペンションのオーナーさんです。
以前から暖めていた夢を実現して、頑張っています。

2日の夜中に自宅を出発。

高速を運転していたらトラックが蛇行運転の片輪走行を開始!
荷台から後ろの私の運転する車に荷物がどんどん落ちてきています。

パニックになってしまい、アクセルを緩め、路側帯に停めて避難。
足ががたがたしてしまい、大変でした。

沼津で降りて天城方面へ。途中でたぬきや鹿の親子連れを見たりして
アーネストハウスに着いたのは朝の5時。

お昼に起きて4人で昼食をとって、夕方から海へ。初サーフィンです。
ボードに腹ばいになって波に乗るだけでも難しい。
何度も砂の中に頭から突っ込み、逆立ちして、砂交じりの海水を沢山飲みました。
ボードが身体に当たってあざになったり。でも、またやってみたいです。

夜は4人でお鍋を食べました。
飲みすぎて、というより寝不足でダウン。23時には寝ていました。

翌4日は朝起きて、朝食後に海へ。
お弁当を作ってもらい、海を見ながらのんびり昼ごはん。
気候も良くて、海もきれいでとっても良かったです。
なぜか馬とびや棒倒しをする三十路二人組み。

宿に戻ってから田牛サンドスキー場へ。
傾斜30°の砂浜にそりを引いて上っていきます。
降りるのはあっという間ですが、上るのは大変!
砂だから上っても微妙に下がっていくし、傾斜がきついので上につく頃はぐったり。
普通のスキー場の結構急な斜面でも15~20°ですから
30°がいかに急か、想像していただけると思います。

17時に名残惜しく宿を出発。
帰りは135号線で海岸線を帰ってきました。
思ったほど渋滞もなく5時間ほどで到着。

元気に頑張っている二人を見て、とっても羨ましく感じました。
大変なこともいっぱいあるだろうけど、二人なら乗り越えられますね。
お互いがお互いを大事にしている感じ。
付き合って長いのに、ずーっとお互い惚れてる感じ、いいですねぇ。

また遊びに行きたいと思います。
[PR]
by ayano-812 | 2006-11-05 21:15 | 日々の出来事